違った見方

物には表裏があるように、現実にも必ず表裏があるものです。

もっと言えば数え切れないほどの違った見え方も存在します。

わかりきった話なのですが、大半の事柄を見たり考えたりする時

そのことを忘れてしまうのが通例なのではないでしょうか。

理由は誰しもが自我をもっていて、

その視点から物を見つめる性質があるからなのです。

ここで求められるのは広い心を大切にすることで

その多面性をよりどころに対象を見つめると

万華鏡のようにたった一つの物体があらゆる方向に見えてくるのです。

今まで正しいと思っていたことがおお間違いであったり、

嫌っていた事が本当は自分の一番大切な事柄であることを

理解できるようになるはずです。

こんな単純な道理をどうしてすぐに忘れてしまうのでしょうか。

自分の嫌いな事柄や気に入らない隣人のことを

もう一度思い返してみてください。

このメールはSSL化されています

食べ物の選択

続きはクリックしてください。