消えていく意味

今日は花祭り。私にも女の子の孫がいて

かわいい盛りです。

絵をかいたり、物を考案して

実際に手を動かす事が大好きで

ジジバカの目から見ても とても上手だと思っています。

毎日見ているとわからない事も

何かの機会に改めると

ずいぶん成長したものだと気が付きました。

節目のひな祭りには、何か小さな事をしてあげたいと思っています。

この子がこの世に存在し

これからを切り開いていくために

私はこの世に存在し続けて本当によいのでしょうか。

循環という行為は人類にとって

いえ全ての万物にとって絶対に必要な事のような気がします。

人体が毎日古い細胞を切り捨て

新しい命によって生命を維持していくように

物が使い古され汚れて壊れ、

とってかわる新しい有用な物体に生まれ変わり

生活が豊かになっていくように

全て循環が起こるから成り立っていけるのではないでしょうか。

生命科学では人の細胞の中に

あえて自滅指令を出す組織があると聞きました。

悲しい事以上に なんと素晴らしい成り立ちなのでしょうか。

循環があってこその世界ですが、

ただその繰り返すかえす活動を傍観している

何ともったいない事。

循環にはその存在できる期間によって

大切な使命が隠されているはずです。

そこに気付くことが 今の私には最も大切な事なのでした。

本物と偽物

続きはクリックしてください。