コンピュータと私

毎日お世話になっている私のパソコンなのですが、

最近少しは言う事を聞いてくれるようになりました。

ずいぶんと往生しましたが、少しは乗りこなせるようになったようです。

もう半世紀以上になるでしょうか。

あのアポロ計画が実施されて 人間を月へ送り込む

壮大な計画が実施されたのは。

アームストリングをはじめとするクルーは

何度も危機的な状態に遭遇したそうですが

その中でコンピュータの誤動作は最も深刻でした。

何しろ現在の家庭用ゲーム機にも処理能力が及ばなかった

と聞いてびっくりとしてしまいました。

その瞬間に処理能力がオーバーして

アラームを鳴らして携わっていたチーム全体を震撼させ

地上クルーの的確な判断によって事なきを得ましたが、

僅か50年そこそこで世の中がここまで変わってしまった事に

驚ろきを隠せません。

今現在私のコンピュータは良くいう事を聞いてくれて

思い通りに活躍してくれています。

昨今人工知能が頻繁に取りざたされるようになりました。

googleをはじめとして世界がしのぎを削っているようで、

車の自動運転も夢ではなくなりました。

何か生の人間だけが取り残されていくようで

恐怖心さえ抱いてしまいます。

私の必要と感じないことまで勝手に処理してくれるPCを

何とかなだめすかしている毎日が続いています。

このサイトの原稿は我がコンピューターで書き綴っています。

メモ帳で下書きをして アップしていますが

最近気が付きました。

手書きで漢字を書けなくなった、紙切れにメモを残すのさえ

億劫になってしまった。こんなことで良いのでしょうか。

道具は日常を便利にしてくれますが、一方では人の能力を

奪う役目もしているのです。

協調心

続きはクリックしてください。