弱い人間のため息

人間の強さを簡単に推し量る事はできません。

私は他人と比べとても弱い人間だと思っていますが、

もしかすると秘めた力隠れていないかと

必死に探っていました。

老いの真っただ中で 体力や気力が目減りしてくると

誰しも自分の弱い側面を見せつけられるようになります。

私自身こんなはずではないと 毎日首を傾げ

でもすぐに真実の現実に引き戻されていました。

自分で思った できるはずの事ができなくなった時は

大きなショックで、連れ合いからは

今の現実が貴方自身の真の姿よ。と

言われてため息をついてしまう日々が増えてきました。

そこで私はこう考える事にしました。

今が現実の私ならば、これから頑張って成長すればよいのだと。

老いの年齢に達して成長という言葉はふさわしくないでしょうか?

人はその体力のみで成長が成し遂げられるわけではありません。

それこそ自分次第、考え方一つで解決できる方法があります。

年を取って以前にも増しいっそう考え抜くことが好きになりました。

もしかしたら妄想に過ぎないかもしれませんが、

底知れず湧いてくる何かの力の存在を感じています。

人の柔軟性の顕著な表れだと思います。

自分の意志

続きはクリックしてください。